レスポンシブデザイン

個人的にはスマホでホームページを見ることはあまりないのだが、世間一般ではスマホでホームページを見る人はけっこう多いらしい。ならば、自分のサイトはPC専用などと言わず、スマホでも見やすいページにすべきである。
実際、Googleはモバイルフレンドリーでないサイトは評価を下げており、レスポンシブデザインを推奨しているようだ。

さて、私のサイトが実際にスマホではどのように表示されていたかというと・・・

修正前の画面

スマホで表示されるトップページ画面(修正前)

文字が小さくて見づらい。
簡単に拡大表示できるが、初期の表示はこんなに小さく表示され、ページ移動も面倒くさい。

これはもっと見やすい表示に修正したい。
1つのページでPCでもスマホでも見やすい表示に設定することが望ましい。
ちょっと調べてみたら、PCとスマホの両方に対応することはさほどむずかしくないことがわかった。
そして、修正した結果が、次の画面である。

修正後の画面

スマホで表示されるトップページ画面(修正後)

PCで見る分にはまったく変わりないのだが、横幅の狭いスマホでは自動的にレイアウトも切り替わる。
これなら文字も普通に読めるし、サイト内のページ移動も普通にできる。

今回行った作業は、たった2つの作業である。
まずはPC・スマホ両対応にするページでビューポートの設定を行い、次に横幅を指定している画像などを画面サイズに応じて縮小する設定を行った。
ビューポートの設定はHTMLファイルにたった1行追加しただけ。
画像などがはみ出さないようにする設定はCSSファイルを編集したのだが、メディアクエリを使用して、画面サイズに合わせて自動的に縮小表示させるものを追記しただけである。

もっとも、すべてのページがこれでうまく修正できたわけではなく、見やすくするためにはもう少し細かな作業が必要なようである。しかし、今後、順次、すべてのページを見やすいページに修正していきたい。

ブログに関しては、すでにレスポンシブデザインのものが多いようだが、WordPressを使用したサイトの場合は、やはり作業の必要がある。しかし、WordPressのテーマを編集するのはたいへんなので、レスポンシブデザインのテーマに変更するのが手っ取り早いようである。
というわけで、現在、よさそうなテーマを探しているところである。適当なテーマが見つかったら、子テーマを作って自分の好みに修正して使用することになるだろう。


あやしい山サイト?

先日、某アウトドアメディアのライターからメールが届いた。特集記事に私が管理するサイトの写真を使用したいというものだった。ここまでなら、特段問題なかったのだが、このあとを見て驚いた。出典を明記しリンクを張っているが都合が悪ければ削除するというものだった。
実際に、そのサイトを見ると、私の写真を無断掲載していた。リンクを張るのは自由だが、他人の写真を無断で転載するのは著作権に触れることである。
事前に連絡くれれば適当な解像度で保存したファイルを提供することだってできたのに、解像度の低い写真を拡大して表示していたので、細部の不鮮明な、見栄えのしない写真になっていた。こんな写真を掲載していて恥ずかしくないの? と不思議に思ってしまう。

削除しろとは言わないけれど、ルール違反だし、こんなのでいいの? といった内容のメールを送ったが、それに対する返信はなかった。
その後、確認してみたら、私の写真はすべて削除されていた。
個人サイトではなく、会社で作っているサイトで、「日本最大級の山マガジン」とか謳っているが、こんなことやっていていいの?
丹沢の特集記事を見ると、掲載している写真については出典を明示してリンクを張ってあるのだが、自前の写真を使っていないらしい。ウィキペディアやウィキメディア・コモンズ他、いろいろなサイトから収集した写真を掲載しているようである。登山コースを紹介しているのに、ネットで収集した写真ばかり使っている。これを書いた人は実際にこの登山コースを歩いたのだろうか?


試行錯誤

丹沢レポートをブログ化したのは2012年の終わりだったか。
当時の思惑は、それ以外のページもWordPressへ移行しようというものだった。すべてのページをWordPressに移行するのが理想だった。
ところが、思ったようには進まず、レポート以外の雑文が極端に減るだけだった。ブログに書こうと思ったネタはいろいろあったのだが、書きそびれてしまったのは、レポートと一緒に並ぶのに違和感があったせいもある。
そんなこともあって、今後はまた丹沢など山のレポートは従来のHTMLファイルに戻すことにしよう。
WordPressのほうにも写真を掲載するが、レポート本編は従来のWebサイトに書く。

ブログの場合、コメントを付けられたり、RSSフィードに対応しているから、RSSリーダーで更新状況がわかるといったメリットがあるのだが、これについてはあきらめることにする。更新状況はトップページを見てほしい。

今年いっぱいWordPressで作成するか、それとも今月から移行するか、切り替え時期はまだ決まっていない。


ひとまず順調

今年に入ってから更新ペースが早くなった。レポートをWordPressに移行して、今のところうまくいっているようである。
もっとも、WordPressのほうが簡単に作成できるとかいうわけではない。
昨年までのスタイルでも手間は変わらない。
レポート作成は早くなったが、それは単にWordPressへの移行をきっかけにしたに過ぎない。
速報版をやめにしたのがよかったのだろう。
昨年までは、とりあえず速報版を作ったところで一息ついていたから、その後が遅くなってしまったようである。
だったら、レポートを再び以前のスタイルに戻してもいいわけだ・・・
しかし、まあ、どちらがいいと一概に言えないので、当面はWordPressで作ることにしよう。

サイト全体をWordPressへ移行できればいいのだが、そうもいかない事情がある。
So-netのホームページサービスをやめてサイト全体をレンタルサーバーに移してしまうなら、WordPressへの移行をさらに進めていっていいのだが、今のところ、サイトの表玄関を変更するわけにはいかないので、しょうがない。
最終的にはドメインを取得して、全てを1つにまとめるべきかと考えるが・・・

ともかく、レポート作成が早くなったら、そろそろ他のページも更新していきたいものである。


サイト更新計画

主だったソフトは64ビットOSへの移行作業が終わった。
メモリが8GBに増えたことにより、Photoshopも快適に動作するようになった。
それで、ずっと中断していた写真の整理も再開することができた。
もちろん、新しい写真もすぐに現像することができるようになったので、ホームページの更新作業も以前のようなペースでできるようになった。
ここしばらくの間放置せざるを得なかったレポートも更新できるというものである。
その他のページもずっと放置していたが、これでなんとか更新作業を再開できるようになった。

ところで、来年からサイトの構成を若干変更することにした。
ランニングレポートはブログ化することにして、WordPressで作ることにする。
So-netブログの「速報版」は終了することにする。レポート本編をアップしてしまえば存在意義のなくなる「速報版」は続ける意義がない。WordPressで作成するレポートに速報版を兼ねさせてしまえばいいのである。つまり、まず写真を1枚掲載して、速報版として書いた後で、写真を追加し、文章を書き足していけばいいのである。

So-netブログについては、ちょっと趣向を変えて継続することにしようと思う。