新茅ノ沢

新茅ノ沢は新茅橋の手前、道路が右にカーブするところで林道から沢に下りる明瞭な踏み跡がある。
新茅橋をくぐるとすぐに3mの小滝。このあたり、薄暗くて不気味な雰囲気が漂う。

新茅ノ沢・最初の小滝

小滝の向こう、落ち葉の積もった斜面がF1の巻道である。
小滝を登ると、沢が左に曲がり、F1(7m)となる。巻道は右。

新茅ノ沢F1

F1の巻道から見下ろす。向こうに新茅橋も見える。

F1巻道から見下ろす

F1を越えると、すぐにF2・F3と続いているのが見える。

新茅ノ沢F2

F2(7m)の巻道は右。F2・F3と一緒に巻くことができるが、F2だけ巻いてF2の落ち口に立つこともできる。続くF3は左から簡単に越えられる。

新茅ノ沢F3

F3を越えると、すぐにF4(4m)。巻道は右。

新茅ノ沢F4

F4を越えて少し行くと、新茅ノ沢最大のF5(12m)の大棚が現れる。
巻道は左。落ち口へトラバースするより、植林帯まで大高巻きするほうが登りやすい。

新茅ノ沢F5大棚

F5大棚(上は2009年4月、下は2004年7月撮影)

新茅ノ沢F5大棚

大棚の近くまで行って見上げてみる。

新茅ノ沢F5大棚

F5の上は小滝とナメがしばらく続く。
F6からまた滝が続く。F6の上にF7が見えている。

新茅ノ沢F6

F7。このあたり簡単に越えられる。

新茅ノ沢F7

F8のプレートがある場所には小滝があるのみ。Fナンバーをつけるほどの滝はない。
F9(7m)は左から簡単に巻ける。

新茅ノ沢F9

F9の先で石積堰堤をいくつか越えると、水は涸れて伏流となる。
伏流区間をしばらく歩いていくと、やがて再び水流が現れ、F10(4m)が現れる。
F10は傾斜もゆるく簡単に越えられる。

新茅ノ沢F10

F10の上で二俣になる。本流は左で段々になって水が落ちている。右はガレたルンゼ。

二俣・左は滝が続く

まだまだ続く滝を登っていく。

5mの滝

5m滝を越えていくと、さすがに水も涸れる。
そして、その先に行く手を阻むようにCS涸滝が現れる。

チョックストーン

CS涸滝は、右から巻いて登る。
その上は、ルンゼ状になる。両岸が岩壁になり、その間をひたすら登る。

ルンゼ状

ルンゼが開けると、右手に赤テープが見つかる。そちらに行けば、烏尾尾根の登山道である。
沢筋を忠実に登り続けると、傾斜もきつくなるが、烏尾山の山頂まで登ることができる。


レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。