引っかかりそうになった詐欺メール

「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。」というメールが届いた。
本文は以下のとおり。


お客様のApple ID が、ウェブブラウザからiCloudへのサインインに使用されました。
日付と時間:2018年2月14日 22:08 JST
のブラウザ: Chrome
オペレーティングシステム: Windows
IP:220.31.254.151(静岡)
上記が問題でない場合は、このメールを無視してください。
最近iCloudへサインインを行ったことがなく、他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合は、Apple IDでパスワードをリセットしてください。
今後ともよろしくお願い致します。
Apple サポートセンター


完全に引っかかって、パスワードを変更してしまった。
ただし、メールのリンクをクリックせず、Googleでアップルのサイトにいったので、フィッシングサイトには行かずにすんだ。

詐欺に気付いたのはメールが届いたアドレスがアップルに登録しているアドレスでなかったことに気付いたことによる。
危ないところだった。


Yahoo!の迷惑メール

Yahoo!から毎日やたらとメールが届くので困っていた。
メール本文の最後にある「配信の登録・解除」のリンク先で解除すれば、とりあえずその種のメールは来なくなるが、それでもYahoo!からは他の様々な種類のメールが届く。
すべて一括して削除できないかと思っても、わかりづらい。

ネットで検索したら、同様のことで困っている人は多いようで、ようやく全部解除できた。
Yahoo!トップで右の方に表示される「こんにちは、○○さん」というところに小さくある「登録情報」をクリックし、「プライバシー設定」の中にある「メール設定」(Yahoo! JAPANからのおすすめメール)を開くと、一括削除することができた。
Yahoo!からのおすすめメールはやたらと多くの種類があり、デフォルトではすべて登録されているから、迷惑メールが多いのは当然である。
普通に考えて、これらのメールをすべて必要とする人などいないだろう。希望するものだけ送るようにすればいいのに、解除しない限りすべての利用者に送りつけてくる。半端な量ではないので腹立たしいものである。

基本はすべて配信解除、必要なものがある場合にのみ登録ということで対応したい。


日本郵政を装った詐欺メール

「Express Mail Service (EMS)」という件名のメールが届いた。添付ファイル付きで典型的な詐欺メールである。メール本文は以下のとおり。


拝啓
配達員が注文番号( 274183229716086 )の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。
従ってご注文の品はターミナルに返送されました。
ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。
このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便局 – 日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。

敬具

EMS(国際スピード郵便) – 郵便局 – 日本郵政


内容に心当たりがないことからも詐欺メールとわかるのだが、その他にもこのメールは一目でそれとわかるようなお馬鹿なことをやっていた。宛先のアドレスとして複数のアドレスを指定していたのだ。この程度のお粗末なメールならだまされることもないだろうか。


マイクロソフトを騙った詐欺メール

昨日からマイクロソフトセキュリティチームを名乗る詐欺メールが頻繁に送られてきている。
「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」という件名で、メール本文は以下のとおり。


セキュリティに関する警告!!

あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。

マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。

何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。

検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。 また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。


送信元のアドレスはマイクロソフトとはまったく無関係なのが一目瞭然だし、詐欺メールにしても実にお粗末なものである。

ネットで検索してみると、けっこうこのメールが出回っているらしい。
オフィスソフトを使用していないのにこんなメールが届いて、笑っちゃう人もいるようだ。

現在、迷惑メールを防ぐ目的もあって、3つのメールアドレスを使い分けている。使い捨てに近い感覚で使用しているのがHotmailで、それよりも大事に使っているのがGmail、そして知人等相手を限定して使っているのがSo-netのメールアドレスである。
迷惑メールが来ないように一番注意しているSo-netのメールのアドレスに大量の迷惑メールが届くようになってしまった。迷惑メールの振り分けを行うようにして、大半のメールは見なくてすむようになったが、それでもすべてを振り分けられるわけでもないわけで、ときおり変なメールを見ることになる。
メールアドレスを変更することも可能だが、変更する場合は、このアドレスで登録しているサイトなどでは変更の手続きが必要だし、いろいろ手間もかかるから、極力変えたくはない。まだしばらくは様子を見るか?


架空請求詐欺メールが来た

こんなメールが2通届きました。
同じ内容のメールですが、件名は文字化けして読めません。差出人も宛先も私のメールアドレスになっていました。


弊社は調査業務、情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関でございます。

 本日ご連絡致しましたのは、現在貴方がご契約されている
 インターネット総合コンテンツ提供サービス会社からの通告を放置し、
 利用料金を長期延滞している事に対し、起訴準備期間に入った事を報告致します。
 
 本通知メール到着より、翌営業日(営業時間内)までにご連絡を
 頂けない場合には、ご利用規約に伴い

 ①ご名義人調査開始
 ②各信用情報機関に対して個人情報の登録
③法的書類を準備作成の上、法的手続きの開始

 以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承下さい。

尚、法的手続きが開始されますと、管轄裁判所からの呼出状が発行され、執行官立ち会いのもと、
給料、財産や不動産、有価証券等の差押さえを含めた強制執行となりますので、ご注意下さい。

最近、個人情報を悪用する業者の手口も見受けられますので、
 万が一身に覚えのない場合でも、早急にご連絡下さい。

 ※メールでの返答には対応しておりませんのでご了承下さい。

【お問い合わせ先】
株式会社帝国データリサーチ 東京本部
顧客管理部 
 担当:田澤優一・伊藤沙織・川島秀明
お問い合わせ番号:03-4434-8615
受付時間:10:00~19:00


複数のメールアドレスを使い分けて、メインのアドレスには迷惑メールが来ないように注意していたのだが、しばらく前からメインのアドレスに迷惑メールが大量に届くようになった。迷惑メールを振り分けするようにして、ほとんど目にしなくもすむようにしたが、それもかいくぐってやってきたのが今回の迷惑メールだった。

こんなメールが来たら、不慣れな人は不安になってしまうだろう。
ネットで検索すると、このメールは多くの人のもとに届いているらしい。
架空の会社をでっちあげて、メールを送っているのだろう。電話番号はかかれているが、住所などはもちろんない。担当者の名前なんてどうせ偽名だろうな。


7月29日、またまた同内容のメールが3通来た。
今回は会社名が変わっていた。(担当者と電話番号も。)

 【お問い合わせ先】
JPシステムリサーチ株式会社
顧客管理部 
 担当:漆原慎二・西山優子・新井孝史
お問い合わせ番号:03-4434-8277
受付時間:10:00~19:00

迷惑メールはまだまだ続くのか?