葛葉川本谷

葛葉川本谷は葛葉ノ泉が入渓点。
最初はちょっとヤブがうるさいが、小滝を越えながら足慣らしをしていく。
しばらくすると、ゴルジュとなり、その奥に5mの滝が現れる。


初心者には直登は困難。右から簡単に巻ける。

続いて、現れるのが横向ノ滝。

文字通り横向きに落ちている滝で、水量が多ければ左からも水を落としている。

続いて、7mの幅広の滝。

左の細い流れのところから簡単に登れる。


5mほどの滝。


二条に流れる滝。左手前の岩を登って滝の左に取り付けば簡単に越えられる。


左から小沢が流れ込む。


板立ノ滝。葛葉川本谷で一番の悪場。巻道は右。


曲り滝。この滝の上で表丹沢林道が横切る。


表丹沢林道を過ぎて、小滝を2つぐらい越えると現れる滝。巻道は右。


なかなか雰囲気のよい樋状の滝。


チョックストーンの滝。


富士形ノ滝。右の乾いた岩なら簡単に登れる。左から巻けばもっと簡単に越えられる。


樋状の滝。水流沿いも登れるが、右から登れば簡単。


下段は左から取り付けば簡単に越えられる。


最後の滝。水流のすぐ右を登り中段で左に移動して、左端を登る。
この上で水も涸れる。
この先の二俣で左に入れば、三ノ塔尾根への明瞭な踏み跡がある。


レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。