丹沢の沢

初級者向けの沢の案内

  • 葛葉川本谷 次から次へと小滝が現れ、むずかしい滝には明瞭な巻道もある、まさに初心者向きの楽しい沢。
  • 水無川本谷 本来中級者向きの沢だが、F1、F2、F3、F5とクサリが設置されているため、初心者でも遡行可能となっている。とはいえ、F3のクサリ場では事故もあり危険なところである。また、大崩壊したF8の巻きも注意が必要。
    →F2、F3、F5のクサリが切れたので、注意が必要。
  • 源次郎沢 小滝が多く、巻道も明瞭で楽しめる沢。
  • 新茅ノ沢 この沢も巻道明瞭で、小滝もけっこうあって楽しめる沢。
  • モロクボ沢 F1の大滝は美しくこれだけでも見る価値があるが、その上には釜を持ったナメ滝が続き、ゆっくりしていたくなる。大滝の巻きと最後の詰めがポイントか。
  • マスキ嵐沢 短いながらも手頃な滝が次々に現れる楽しい沢。

丹沢の沢” への1件のコメント

  1. 木の葉さん、楽しみに拝見させて頂いています。それに付けても驚くほどの健脚と博学、恐れ入ります。
    オバケ沢から塔、もしくは表道に至る注意点。所要時間や目印などを教えて下さい。沢登りの装備も技術も有りませんが宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。