Paul McCartney 東京公演2017

2013年から1年おきに来日しているが、これが最後になるかもしれないと思うと行かずにいられない。
2013年と2015年はOut There Tourでセットリストはあまり変わりなかったが、今回はOne on Oneとツアータイトルが変わり、セットリストにもけっこう変更があった。

“A Hard Day’s Night”で始まったライブは最初から盛り上がった。
前2回は2階席だったが、今回は1階席ということもあってか、最初から立ち上がる人が多かった。

Paul McCartney 東京公演

Paul McCartney 東京公演

Paul McCartney

Paul McCartney

“My Valentine”からは座って聴くことにした。
お馴染みの曲もあれば、あまり馴染みのない曲もあったが、前回のツアーと違った曲を楽しめたのはよかった。

「みんなで一緒に歌いましょう」というMCで始まった”Ob-La-Di, Ob-La-Da”からは再び立ち上がって、盛り上がった。
そのままお馴染みの”Band on the Run”、”Back in the U.S.S.R.”と続き、終盤になだれ込んでいく。
“Let It Be”は静かにじっくり聴いた。
一転して、”Live and Let Die”では花火が大迫力。

Live and Let Die

Live and Let Die

そして、最後は”Hey Jude”。
“na na na, na na na na Hey Jude”と大合唱。
サプライズ演出でサイリウムを使い、客席全体が青一色になった。

Hey Jude

Hey Jude

アンコールで登場したポールがギターをポロンと鳴らした時点で、”Yesterday”をやるのがわかった。

Yesterday

Yesterday

50周年の”Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)”を演奏するは、お馴染みだけど今回の来日公演ではこの日のみの”Get Back”をやるし、お次はファンをステージに上げて”Hi, Hi, Hi”ときた。
そして、最後はAbbey Road Medley。今回もこれを聴くことができて、もう言うことなし。


キクザキイチゲ

大室山に登ったら、キクザキイチゲが見頃だった。白、青、紫・・・微妙に色の違った花があちこちで咲いていた。

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ

予報では午後からあちこちで雷雨になるということだったが、午後も晴れていて雨にあうこともなかった。
明日は用事があって山へ行けないので、雨を覚悟で出かけていったが、雨にあうこともなく楽しむことができた。


宮ヶ瀬周辺を徘徊

今の時期、まだ標高の高いところでは花がないが、低山は新緑がきれいで花もいろいろ咲いている。というわけで、今回は宮ヶ瀬周辺の低山を歩いて回った。

仏果山のあたりではヒトリシズカがいっぱい咲いていた。

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

南山のハイキングコースではチゴユリが咲いていた。

チゴユリ

チゴユリ


An Evening of Yes Music & More

Yes featuring ARWの東京公演を見に行ってきた。
ARW(Anderson, Rabin & Wakeman)は来日直前にバンド名をYes featuring Anderson, Rabin, Wakemanに変更した。当然の権利としてYesを名乗り、同時に2つのイエスが存在することになった。

ジョン・アンダーソンは2003年のFull Circle Tourで来日して以来となるので、随分久しぶりだが、本物の”Voice of Yes”を聴くことができてよかった!
最近のイエスはいくら声が似ていても本物ではなくて、トリビュートバンドという気がしてならなかった。やはりイエスには”One and Only”のジョン・アンダーソンがいてほしい。

Yes featuring ARW

Yes featuring ARW

近年のイエスは70年代のクラシック・イエスの楽曲をオリジナルに忠実に再現しているが、ギターがスティーヴ・ハウということで、80年代の再結成後の楽曲は演奏していない。
しかし、今回はトレヴァー・ラビンが参加とあって、再結成後の楽曲も多数演奏。
70年代の曲も再結成後の曲も現在のメンバーによるアレンジで演奏しているところがちょっと新鮮でもある。
そして、お馴染みの「I’ve Seen All Good People」、「And You and I」、「Heart of the Sunrise」、大曲「Awaken」、80年代の「Rhythm of Love」や最大のヒット曲「Owner of a Lonely Heart」、アンコールは当然のごとく「Roundabout」と聴くことができて言うことなし。

Voice of Yes

Voice of Yes

昨年のツアーとセットリストはほとんど変わらないものの、ちょっと曲数が減っていた。それでも大満足の来日公演だった。

なお、アンコール前のラストではトレヴァー・ラビンとリック・ウェイクマンが客席に降りてきて、客席中程にしばらくいたので、近くの人たちが写真を撮っていたのがうらやましかった。

Yes featuring ARW

Yes featuring ARW

(set list)
Symphonic Music (Perpetual Change Theme)
Cinema
Perpetual Change
Hold On
I’ve Seen All Good People
Drum Solo
Lift Me Up
And You and I
Rhythm of Love
Heart of the Sunrise
Changes
The Meeting
Awaken
Make It Easy
Owner of a Lonely Heart
(encore)
Roundabout


日本郵政を装った詐欺メール

「Express Mail Service (EMS)」という件名のメールが届いた。添付ファイル付きで典型的な詐欺メールである。メール本文は以下のとおり。


拝啓
配達員が注文番号( 274183229716086 )の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。
従ってご注文の品はターミナルに返送されました。
ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。
このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便局 – 日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。

敬具

EMS(国際スピード郵便) – 郵便局 – 日本郵政


内容に心当たりがないことからも詐欺メールとわかるのだが、その他にもこのメールは一目でそれとわかるようなお馬鹿なことをやっていた。宛先のアドレスとして複数のアドレスを指定していたのだ。この程度のお粗末なメールならだまされることもないだろうか。