第52回青梅マラソン

年を追うごとにタイムも落ちてきており、今年は2時間30分以内で走れるかどうか? と思ったが、結果を見れば、昨年よりも少しだけ早くゴールした。
1kmあたり5分のペースで走ればいいと思って、気楽に走っていったら、終盤にちょっと余裕を残していて、ラスト5kmで100人以上追い抜いていた。

公式タイムは2時間26分台だが、スタートのロスタイムを除いたネットタイムは2時間24分台だった。この程度のタイムで走れるのなら、来年もまた30km走っていいだろう。

ところで、今回はスタート前にとんでもない失敗をしてしまった。
レース用シューズのソールがはがれてしまったのである。
レース用のシューズはレース以外では使用しておらず、最近は青梅マラソン以外のレースには出ていないから、1年ぶりの使用。使用した回数は少ないが、購入してすでに10年以上経っていた。これだけ年数が経過していたらソールがはがれてもしかたがないか。というより、普通こんな古いシューズを履かないか。
しかし、ソールがはがれたのがスタート前でよかった。レース中にはがれたら、さすがに棄権するしかないのだから。

軽いシューズだが、クッションが良く、履き心地がいいので、好きなシューズだった。
やむなく、練習用のシューズで走ることにしたのだが、こちらもすでにボロボロなので、レースで使用したくはなかったのだが、しかたがない。

ソールのはがれたシューズは、来年以降レースで使用するかどうかはわからないが、とりあえずシューズ補修用の接着剤を使って貼り合わせることにする。その後、練習で走ってみて考えよう。


引っかかりそうになった詐欺メール

「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。」というメールが届いた。
本文は以下のとおり。


お客様のApple ID が、ウェブブラウザからiCloudへのサインインに使用されました。
日付と時間:2018年2月14日 22:08 JST
のブラウザ: Chrome
オペレーティングシステム: Windows
IP:220.31.254.151(静岡)
上記が問題でない場合は、このメールを無視してください。
最近iCloudへサインインを行ったことがなく、他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合は、Apple IDでパスワードをリセットしてください。
今後ともよろしくお願い致します。
Apple サポートセンター


完全に引っかかって、パスワードを変更してしまった。
ただし、メールのリンクをクリックせず、Googleでアップルのサイトにいったので、フィッシングサイトには行かずにすんだ。

詐欺に気付いたのはメールが届いたアドレスがアップルに登録しているアドレスでなかったことに気付いたことによる。
危ないところだった。


下棚

久しぶりに西丹沢を訪れた。
今年は寒い日が多いから、滝も凍り付いているのではと期待していたのだが、下棚も本棚も期待はずれだった。
畦ヶ丸は40cm程度の雪があって楽しめた。登山者が少ない分、表丹沢よりも雪を楽しめるようだ。

下棚

下棚


待望の雪

月曜日に雪が降ったので、丹沢へ行ってみた。
今週は記録的な寒さが続いたので、まだ楽しめるだろうと期待していったところ、まあ、まずまず楽しめた。
晴れ渡っていて、富士山や南アルプスもよく見えた。

塔ノ岳からの富士

塔ノ岳からの富士


ミレニアム5 復讐の炎を吐く女

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下別々に育った双生児が長じて出会ったら驚きに満ちたものになるだろう。もう一人の自分に出会うようなものだから。
リスベットとカミラの場合は幼少時に一緒に育ったこともあり、まったく状況は異なるが、これは極めて特異な例と言うべきか。
さて、この双子の研究に関わっていたのがレジストリーであり、リスベットが追っているものであるが、レジストリーの側も旧悪露見を阻止すべく過激な動きを見せるため、波乱は必至の展開となる。
それとは別に過激なイスラム原理主義者や刑務所にいながら不気味な影響力を持つ女囚との戦いもあって、終盤は息つく暇もなかった。

12月に発売されると、すぐさま買って読んでしまった。
「ミレニアム」の第6部は来年刊行予定だが、ダヴィド・ラーゲルクランツは第6部までしか書かないと言っているようなので、それで終わりとなりそうである。