King Crimson Japan Tour 2018

12月18日、オーチャードホールでキング・クリムゾン来日公演を見てきた。
今回の来日公演は11月27日から12月21日まで全15公演で、毎回セットリストが変わるから、行ってみなければ何を演奏するかわからない。
前回来日した際と比べても演奏曲目は幅広く多くのアルバムから選曲されており、「Lizard」や80年代の曲もやっていた。

予定どおり午後7時開演。20分の休憩を挟んだ2部構成で、終演後外に出てから時計を見たら9時50分を過ぎていた。正味で2時間半といったところか。

この日の公演の第1部で「Epitaph」、第2部では「Fallen Angel」「One More Red Nightmare」などを聴けたのがよかった。意外なところでは「Moonchild」か。最後はやっぱり「Starless」で、アンコールは「21st Century Schizoid Man」。
今回のツアーでは「Fracture」を期待していたが、こちらはやらず。「Red」も聴きたかったな・・・

開演前も休憩中もスマホの使用は一切禁止。ただし、公演終了後、トニー・レヴィンがカメラを手にしたら携帯・スマホでの写真撮影許可となった。

King Crimson

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください