Paul McCartney 東京公演2017

2013年から1年おきに来日しているが、これが最後になるかもしれないと思うと行かずにいられない。
2013年と2015年はOut There Tourでセットリストはあまり変わりなかったが、今回はOne on Oneとツアータイトルが変わり、セットリストにもけっこう変更があった。

“A Hard Day’s Night”で始まったライブは最初から盛り上がった。
前2回は2階席だったが、今回は1階席ということもあってか、最初から立ち上がる人が多かった。

Paul McCartney 東京公演

Paul McCartney 東京公演

Paul McCartney

Paul McCartney

“My Valentine”からは座って聴くことにした。
お馴染みの曲もあれば、あまり馴染みのない曲もあったが、前回のツアーと違った曲を楽しめたのはよかった。

「みんなで一緒に歌いましょう」というMCで始まった”Ob-La-Di, Ob-La-Da”からは再び立ち上がって、盛り上がった。
そのままお馴染みの”Band on the Run”、”Back in the U.S.S.R.”と続き、終盤になだれ込んでいく。
“Let It Be”は静かにじっくり聴いた。
一転して、”Live and Let Die”では花火が大迫力。

Live and Let Die

Live and Let Die

そして、最後は”Hey Jude”。
“na na na, na na na na Hey Jude”と大合唱。
サプライズ演出でサイリウムを使い、客席全体が青一色になった。

Hey Jude

Hey Jude

アンコールで登場したポールがギターをポロンと鳴らした時点で、”Yesterday”をやるのがわかった。

Yesterday

Yesterday

50周年の”Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)”を演奏するは、お馴染みだけど今回の来日公演ではこの日のみの”Get Back”をやるし、お次はファンをステージに上げて”Hi, Hi, Hi”ときた。
そして、最後はAbbey Road Medley。今回もこれを聴くことができて、もう言うことなし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。